指定管理者制度について

●指定管理者制度とは?
 平成15年の地方自治法の改正によって導入された制度で、従来市の出資法人や公共的団体に限られていた公の施設の管理を、民間事業者でも行うことができるというものです。公の施設の管理に民間のノウハウを活用し、サービスの向上と経費の削減を図ることを目的としています。

●岡崎市の基本的な考え方
 「指定管理者制度導入に関する方針」に基づき、指定管理者に管理を行わせることが効果的なものについては、順次指定管理者制度に移行していきます。指定管理者による管理であっても、市の施設であることに変わりはありません。 市は、施設が適正に管理運営されているか、サービスの低下を招く状況になっていないかなど、継続的な監視に努めます。

次のファイルはPDF形式PDFアイコンになっています。
岡崎市指定管理者制度導入に関する方針

【指定管理者への参入意向調査にご協力を!】
調査にご協力いただいた事業者の方には、希望する施設の公募情報を直接提供させていただきます。
※ 本調査は、公募のための基礎資料とさせていただくことを目的としており、
  実際に公募する際の応募資格や選定基準等とは一切関係ありません。
   「指定管理者への参入意向調査」はこちらをクリック

詳しい内容をご覧になりたい方は、施設名をクリックしてください。
■ 公募施設一覧
現在公募している施設はありません。

■ 指定管理者選定結果一覧
No. 施設名 指定期間 結果 担当課
1
道の駅藤川宿
2018年4月1日(日)〜2023年3月31日(金)
結果公表中
経済振興部農務課
2
岡崎市篭田公園地下駐車場
2017年4月1日(土)〜2020年3月31日(火)
結果公表中
都市整備部都市計画課
3
岡崎市市営住宅
岡崎市特定公共賃貸住宅

2017年4月1日(土)〜2022年3月31日(木)
結果公表中
建築部住宅課

■ 指定管理者管理施設一覧
   → 管理施設一覧はこちらをクリックしてください。

ホームへ